身内の方がお亡くなりになり相続が発生した場合、また遺贈等などがあった場合、その相続分には相続税というものがかかります。

相続した財産によって税金が発生するのです。

よく、たくさんの財産を相続したことで、相続税が支払えない…などと聞くことがありますが、相続を受ける可能性がある場合、税金の支払いがある・・・ということを理解しておく必要があります。

相続で取得した場合には、その人を法定相続人といい、亡くなられた方が正規の遺言書を残していた場合で財産を遺贈されたという場合には、その方を受遺者と呼びます。

また財産を取得した人を相続人、亡くなられた方を被相続人と呼びます。

亡くなられた方の遺言によって受遺者となった、若しくは相続により法定相続人になった場合には、その方に相続税を支払う義務が課せられます。

つまり納税義務者ということになりますね。

相続する遺産がどのくらいの金額になるのかによって、相続税の支払い金額は変わります。

もちろん相続した金額が多ければ多いほど、相続税は高くなりますので、相続税の支払いができないという方もいるわけです。

もしも「どうしたらよいか分からない」「やってみようとしたが難しい」「相続税についてあまり詳しくない」という場合は、税理士(税理士法人チェスターなど)に依頼をしたほうがよいでしょう。

もちろんその場合でも、相続のことについてまたその税金のことについて、ある程度しっかりと理解しておくことが必要となります。